PABLO VALBUENA(パブロ・バルブエナ)

バイオグラフィー

1978年、スペイン出身。現在は南フランスを拠点に活動をしているパブロ・バルブエナは、空間、時間、そして、知覚に焦点をおいたアートインスタレーションで知られています。

彼のアート作品は、現実仮想のオーバーラップ、見る者による知的空間の創造、そして、現実と知覚のあいだに介在する境界線を探究したものです。パブロは、空間と時間を結びつける絆を研究し、主要な題材である光と音の使い方を探索しています。

これらのアイディアは、知覚品質、物理的条件、そして、作品を展示する場所として選ばれたロケーションや、その空間に影響する様々な要素に直接的に呼応するものとして、作りだされてきました。

パブロ・バルブエナのアートインスタレーションは、パブリックスペースとプライベートな施設の双方において展示されてきました。たとえば、ギャラリーでの展示会、ヨーロッパ、アジア、アメリカでの大規模なイベントに至るまで、彼の作品は様々な場所で人々の目に触れられてきました。また、パブロは多数の講演会を通じて、学術的な観点からも自身のアイディアを語っています。

詳細を読む

PABLO VALBUENA(パブロ・バルブエナ)

コラボレーション

PABLO VALBUENA(パブロ・バルブエナ)

インサイト

近年のアーティスティックな冒険のように、ラ・プレリーは国際的アーティストとのコラボレーションを続けています。スペイン出身のアーティストのバブロ・バルブエナは、ラ・プレリー独自のデザイン美学と呼応する光のインスタレーションを作りだしました。 唯一無比、通常の概念を越えた体感型の作品が魅惑的な光の形状を浮き彫りにしていきます。このインスタレーションは、世界的アートフェアとして知られ、ラ・プレリーがパートナーシップを続けているアート・バーゼル・マイアミビーチにて、そのヴェールを脱ぎます。 

詳細を読む

その他のアーティスト

Nobuhiro Nakanishi
芸術的な出会い
詳しくはこちら
アーティストをドラッグして選択