NAMSA LEUBA

バイオグラフィー

Namsa Leubaは、1982年スイス生まれのスイス・ギニア人写真家です。ECAL(ローザンヌ州立美術学校)で写真を学び、アート監督の博士号を取得。作品は、The New Yorker、i-D、Numéro、KALEIDOSCOPE、Foam、Interview、Vice Magazine、New York Magazine、Libération、British Journal of Photography、and European Photographyなど数多くの雑誌に掲載されてきました。

Leubaの多岐にわたる写真撮影活動は、西洋人のイマジネーションを通したアフリカのアイデンティティの表現を追求しています。ドキュメンタリーやファッション、パフォーマンスにわたって、Leubaは自分が受け継いだ文化のサインやシンボルを追求する視覚的なイメージを生み出しています。

2010年、Leubaはフランス・ドーヴィルでのFestival Planches Contactで最初の賞を受賞。2012年にはフランス・イエールで開催された International Festival of Fashion and Photographyにおいて、PhotoGlobal Prizeを受賞しました。2013年は、Magenta Foundation主催のFlash Forward Festivalでも賞を獲得しています。2017年には、作品がFoam Talent賞にノミネートされました。

Leubaは国際的な展示会にも参加しています。その中には、フランス・パリの「Photoquai」、スペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館で開催された「Making Africa: A Continent of Contemporary Design」、デンマーク・コペンハーゲンでの「Africa Reframed」、韓国・テグでの「Daegu Photo Biennale」、ギリシャ・アテネの「Athens Photo Festival」、英国ロンドンのテート・モダンでのパフォーマンス「Off Print」などがあります。

2018年、Leubaの作品は、ノッティンガムのNew Art Exchangeでのグループ展示「African State of Mind」と、ブリュッセルのHangar Art Centerでの個展で展示されました。New Yorker誌での写真シリーズでは、ラゴスの新進ナイジェリア人ミュージシャンのドキュメントを掲載しました。現在、タヒチとスイスを拠点に活動しています。

詳細を読む

NAMSA LEUBA

コラボレーション

NAMSA LEUBA

インサイト

「目にフォーカスを当てると、まなざしの中に写真のように捉えられたものや、そこに付与されたシンボリズム、感情が向けられる方法、また、それを他の人に見せたときに刻み込まれるものを、見せることができるようになります」

「ラ・プレリーは長い時間をかけて自然について語り、そこに伴う感情を解き放っています。時が経ちその影響は私たち全てに残っており、それは幸せのサインであったり、時には別の感情を伝えるものであったりします。まなざしにまつわるこの特殊な作品で、私は感情の隠された性質、つまり隠されていながら、隠しているベールを越えようとするものを表現したいと思います」

詳細を読む

その他のアーティスト

ECAL
Ecole cantonale d’art de Lausanne
詳しくはこちら
アーティストをドラッグして選択