Max Richter

バイオグラフィー

Max Richterは、現代音楽シーンにおいて最も影響力のある存在の一人です。彼は作曲者として、そしてピアニスト、レコーディングアーティスト、共同制作者として革新的な活動を続け、業績を残してきました。
彼自身のジャンルを確立させた様々なソロアルバムによって、彼の名前は世界に知れ渡っています。このアルバムにはThe Blue Notebooks(Guardianによって、21世紀におけるクラシックミュージック作品の最高峰と呼ばれる)、Memoryhouse, Songs From Before, Infra, Three Worlds: Music from Woolf Works(どちらも彼がかつてWayne McGregorとコラボレーションした際の作品)、そして8時間にも及ぶ超大作SLEEP(BBC 6 Musicによって年間最優秀アルバムに選ばれ、Pitchforkマガジンによって、史上最高のアンビエントアルバム50のひとつに選ばれる)などが挙げられます。
彼の2012年のレコードRecomposed By Max Richter: Vivaldi, The Four Seasonsは、22か国におけるクラシックミュージックチャートの首位を独占しました。

詳細を読む

Max Richter

コラボレーション

Max Richter

インサイト

「永遠という概念に着想を得たこの作品のために、この体験を長引かせたかったのです。そうすればこの作品は、耳を傾けてくれる人たちのそばに居続けることができますから。」

「単に音楽を書く、ということはしません。代わりに物語を語ろうと奮闘しています。そして、聴き手には完全な旅を体験して欲しいと常に願ってきました。」

詳細を読む

その他のアーティスト

Carla Chan
アーティスト・レジデンス
詳しくはこちら
アーティストをドラッグして選択