DANIELA DROZ

バイオグラフィー

スイス、ティチーノ州出身のDaniela Drozは、19歳のときにローザンヌに移住し、写真家になりました。ECAL(ローザンヌ州立美術学校)で学び、2008年に写真学で学位を取得。現在同大学で写真学を教えています。Drozの様々な写真シリーズは、互いに明確な違いはあるものの共通した独自のアプローチがあり、ものごとと人の中にある美と完璧さの手がかりを知りたいと思う欲求にインスピレーションを受けています。

Daniela Drozは、光と影の間にある色彩でリアリティを目に見えるものに変えていきます。彼女は抽象的な作品群やインスタレーションを通して、存在についての形而上学的疑問と、内なる自分と外世界との関係を謙虚に追求しており、それは感覚と変化によってのみ可能であるかのようです。

Drozは2009年にシュトゥットガルトのBFFで賞を獲得し、2010年にはスイスのルガーノにあるMuseo Cantonale d'Arteによる「Che c'è di nuovo」の候補に、また2012年にもスイスデザインアワードの候補になりました。2018年には、Buchmann Galerieやスイス・カローナのGalleria Daniele Agostini、パリのParis Art Fair at Grand Palaisでの14人のアーティストによるグループ展に参加しています。また、スイスのグリュイエール城では個展「L'envers du visible」も開催しました。

詳細を読む

DANIELA DROZ

コラボレーション

DANIELA DROZ

インサイト

「鏡に映る自分の目を見つめてみてください。目は外に現れる美の窓ですが、内なる美も表し、自分の中にある感情を探そうとする自分自身に対峙させてくれます」

「ラ・プレリーの世界は、私の世界と完全に一致しています。素材、シンプルさ、純粋さ、光に対する関心という意味で大きく共通しているのです。ラ・プレリーは真の歴史あるスイスのブランドであり、品質と常に革新を求める姿勢により、時間という試練に打ち勝ったブランドですが、同時に伝統的な価値に対する尊敬も失っていません」

詳細を読む

その他のアーティスト

Douglas Mandry
A Philanthropic Initiative
詳しくはこちら
アーティストをドラッグして選択