CYRIL LANCELIN

バイオグラフィー

Cyril Lancelin(1975年 フランス、リヨン生まれ)はフランス人アーティストです。

テクノロジーとアートを統合させるLancelinは、フィクションとリアリティを融合する彼自身のデジタル世界へと人々をいざなう彫刻やイメージを生み出しています。作品を通して、Cyril Lancelinは人工の風景に疑問を投げかけているのです。Lancelinはパラメトリックツールを使用して、ユニークな構造を生み出すのに欠かせないクラシックな形状や体積の形式を活用しています。彼のビジョン内では、形状は建築的尺度において使用され、経験的なアートを生み出しているのです。

Cyril Lancelinの作品は、没入的なインスタレーション内で度々人々を引き込み、人為的に形成された環境に対する自身との関係性を問う機会を人々に与えています。人々が引き出す体験は、アーティストのアプローチにおいて重要な部分です。Lancelinは基本的な形状を重ね、コンピューターソフトウェアを用いることによって複雑な構造を生み出し、彼はこうした構造を現実環境へと当てはめていくのです。物理的なインスタレーションとして製作されたCyril Lancelinの作品はすべて人体との関係性と関連しており、基準に対して改めて問いを投げかけます。そして中でも非常に重要な側面として、彼の作品はそれぞれの社会的イメージの中にアイデンティティをもたらしています。彼のプロジェクトは、人々の日常を定義する個人の「ソーシャルクラウド」を強調させるものです。

Cyril Lancelinのアートインスタレーションは、世界中の公共・民間団体施設にて展示され、大規模な没入的インスタレーションは主に、中国、中東、ヨーロッパ、南アメリカ、アメリカにて公開されています。

詳細を読む

CYRIL LANCELIN

コラボレーション

CYRIL LANCELIN

インサイト

「時はリチュアルと密接に関連しています。時とは、繰り返されるリチュアルを経て流れていくのです。私は作品に好んで形状の反復を用いるのですが、それは作品に一時性をもたらすからです。」

「キャビアパールの美しさは、ゴールドに輝く球形のデザインへと即座に私を導きました。球体というシンプルかつ純粋な形状をもとに私の彫刻作品が形成されていったといのは、ごく自然の成り行きだったのです。」

詳細を読む

その他のアーティスト

Douglas Mandry
A Philanthropic Initiative
詳しくはこちら
アーティストをドラッグして選択