第二章:

ラ・プレリーの
起源

ポール・ニーハンス博士の画期的な取り組みによって、クリニック ラ・プレリーは開設当初からエイジングケア(年齢に応じたお手入れ)の聖地として知られています。

詳細を見るにはスクロールしてください

クリニック ラ・プレリー

クリニック ラ・プレリーが開設され研究が始まったのは、1931年のこと。その目的は、ポール・ニーハンス博士のリーダーシップのもと、革新的な科学とセルラーセラピーを融合させることでした。当初クリニック ラ・プレリーは改装されたマナーハウスの中に開かれました。このマナーハウスが建設されたのは遡ること16世紀で、モントルーの公文書にも記録された歴史的な建造物です。
スイス・モントルーの地、 アルプス山脈に囲まれたレマン湖のほとりにひっそりと佇むクリニック ラ・プレリーは、平和と静けさに包まれたエイジングケア(年齢に応じたお手入れ)の聖地。
シャルル・ド・ゴール、日本の皇族、英国のロイヤルファミリー、ウィンストン・チャーチル卿、グレタ・ガルボ、マレーネ・ディートリッヒ、マリリン・モンロー、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラックなど、世界の名だたる芸術家、政治家、王族をお迎えしていました。

詳細を読む
ポール・ニーハンス博士

ドイツ皇帝フリードリヒ3世の孫であるポール・ニーハンス博士は、1882年、ベルンに生まれ、外科医である父親の影響を受け医学の道に進みます。
その後、第一次世界大戦中に軍医として活躍。臨床診療における経験を積みました。
1931年、モントルーに位置するクリニック ラ・プレリーの主任医師となったポール・ニーハンス博士は、若々しさを研究するエキスパートとして広く知られるようになります。
そして快復の見込みがないと診断されていた女性患者に、自ら開発したセルラーセラピーによる治療を試みます。結果は素晴らしいものでした。
女性は活力に満ちた日々をとり戻し、40年の余生を謳歌することができたのです。この成功例に自信を深めた博士は、セルラーセラピーにおける世界的な専門家として、多くの患者を治療するようになりました。

詳細を読む
その他の章
間もなく公開

間もなく公開されるラ・プレリーのエディトリアルに、お客様をいち早く特別にご案内します。ラ・プレリーの贅沢な世界を存分にお楽しみください。