中西信洋

バイオグラフィー

Nobuhiro Nakanishi(中西信洋)は、福岡で生まれました。彼は東京造形大学にて学士美術、京都市立芸術大学にて修士美術を取得しました。中西氏は大阪に在住し、作品に取り組んでいます。
アジアとヨーロッパ中で、彼の作品は数多くの個展とグループ展において展示されています。
中西氏の作品は、人間や対象を木材、石材、粘土、金属を用いて立体的に表現するという従来の彫刻制作の概念から発展した存在です。
つまり中西氏は、重量、重力、彫刻に用いる媒体としての物質から距離を置いているのです。彼の表現は、対照的なアイディアを取り扱っており、存在と欠如、物質と非物質、空間における可視と不可視、視覚的に見えない存在といった対比や、知覚、思考、記憶、時間といった見る人をミステリアスな体験へと導く感覚や概念の領域を表現しています。

詳細を読む

中西信洋

コラボレーション

中西信洋

インサイト

「時とは、スイスにとって特定の反響を伴った概念であり、その自然の色褪せない美しさ、世界で最も上質な時計を生み出してきた伝統、そして卓越した科学の歴史における先進的な研究に通じる概念です。スイスは、The Platinum Momentを表現する場所として最適な存在なのです。」

「時の経過は、誰にでも同じように訪れます。しかし同時に時とは、それぞれが個々に感じ、自分なりの方法で認識するものなのです。」

詳細を読む

その他のアーティスト

Douglas Mandry
A Philanthropic Initiative
詳しくはこちら
アーティストをドラッグして選択